比較的自由に休憩時間を取る事ができる

長距離ドライバーは移動の時間は長いが休憩時間の自由度が高い

ドライバー求人の中でも長距離ドライバーは移動が長く、労働時間も長いという特徴があります。移動の距離が長いことで運転による疲労が溜まりやすいのではないかという不安を抱えている人もいるかもしれません。しかし、長距離ドライバーには休憩時間の自由度が高いというメリットがあります。

多くの会社員は昼食や休憩時間を決められていることが多いでしょう。長距離ドライバーの場合は昼食も休憩時間も決められていません。お腹が空いたタイミングで昼食や夜食を取れます。長距離の運転で疲れてきた場合はサービスエリアに寄って、休憩を取ることも可能です。

このように休憩時間の自由度が高いため、長距離の運転でも疲労を緩和させやすいという魅力があります。

タクシードライバーも休憩時間は自由

タクシードライバーの場合は1日2時間から3時間程度の休憩時間を与えられるケースが多いです。

この与えられる休憩時間はタクシー会社によっても異なります。この休憩時間は使うタイミングの指定がありません。そのため自分の好きなタイミングで休憩時間を使うことができます。時間の使い方にもルールがないケースが多いです。

例えば2時間の休憩時間を与えられた場合、1時間の休憩時間を2回作ってもいいですし、2時間の休憩時間を纏めて消費しても良いでしょう。休憩時間は何に使ってもいいというタクシー会社が多い傾向にあります。食事以外にマッサージやトレーニング、仮眠などに休憩時間を使うのも効果的な方法だと言えます。

このようにタクシードライバーは休憩時間を自由に使えるという利点が得られます。

トラックのドライバーは人手不足が深刻な状況です。そのため、ドライバーの転職は条件に合った職場を選択できます