長時間の運転に慣れておく

ドライバーは一にも二にも体力が大切

ドライバーの仕事を続けていく上で最も大切になるのが、体力に自信あるかということです。タクシードライバーの隔日勤務という働き方は、3時間の休憩を挟みつつ、約19時間~21時間ほど勤務しなければなりません。

また、長距離トラックドライバーになると、一日の走行距離は1000kmを超えることもあります。長時間運転するために体力は気合ややる気で何とかなるものではありません。疲れがたまってくると、安全確認が疎かになったり、睡魔に襲われたりして、事故を起こす危険性も高くなります。ドライバーの仕事をしている以上、決められた時間に荷物を届けないといけないため、疲れたからといってすぐに休憩をとるのは難しいでしょう。

ドライバーの求人に応募する時は、長時間の運転に慣れておく必要があります。体力づくりをすることで長時間の運転に耐えられるようになっていきますし、面接の時のアピール材料にすることもできます。

長時間運転するコツとは

長距離運転するためには、体調を万全にするということが大切です。健康管理も、ドライバーの仕事の一つ。睡眠時間を多く確保したり、毎日栄養バランスに気を配った食事を意識したりすることで、仕事をする時のパフォーマンスを上げることができるでしょう。

そして、長時間運転するためには、車のシートにも気を配る必要があります。シートが合わないと悪い姿勢で運転することになり、腰への負担も大きくなります。身体にフィットするシートにすることで、疲労度やストレスを軽減することができ、長時間の運転でも疲れにくくなるでしょう。

また、連続して運転すると疲労もたまりやすいので、運転時間が2時間を超えたら休憩をとるようにしましょう。外に出たり、カフェに行ってリフレッシュしたりすることが、長時間運転する上で疲れを蓄積させないようにするコツです。

運転手の募集は募集サイトから閲覧できます。車種や勤務条件等が細かに書かれているので、取得している免許などに気をつけながら応募しましょう。